元氣メグル日々 エリカのブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高知ツアーに行ってきました

9月10日(金)から12日(日)でパシチガレ・ムビラズで高知ツアーをしました。

まずは10日(金)、土佐中学一年生に国際理解の特別授業です。5時間目、ジンバブエの地理や歴史、食べ物、言葉などを写真を一杯使って話しました。ここでもマグルヴェやマドラーの虫を食べることが大うけ。お金が路上に落ちているインフレのことにも驚いていました。質問も一杯出て、みんなすごくジンバブエに興味を持ってくれた。6時間目は、ムビラにあわせて手を叩いたり、踊ったり、体を使ってムビラ音楽を楽しみました。高知の人は、ノリが良いなあ。生徒が250人も入るので狭い会場だったのに、生徒が飛び出る、跳ねあがる。

youtubeの映像しました。
http://www.youtube.com/watch?v=RAq1hAxyBCg

夜は、香南市赤岡のとさを商店 http://tosawo.net/でライブ。ライブ前に、高木酒造で日本酒の試飲をして、美味しい酒をお買い物して、ほろ酔い。とさを商店は、本当に地域のスーパーで、その一角で生音でライブです。みんなお腹がすけば、そのまま売っているお菓子を食べたり、飲み物を飲んだり。後ろには野菜コーナー、横は調味料コーナーという場でライブしました。ここも近所の方々が集ってきて、踊り歌いすごいノリがいい。ここの人は、人生を楽しむことを知っている。こういう人たちがいるから、地方でのライブは大好きなんです。

とさを


11日(土)は、海辺の杜ホスピタルhttp://www.umibeno-mori.com/iでの、コンサート。
精神科の方々が多い病院。いろいろな病状の方が入院しているようでしたが、リハーサルのときから手拍子してくれるし、質問してくる人がいたり、積極的な人が多かった。ライブが始まれば、ホーショウを持ってそばに行ったらホーショウを一緒に振ってくれるし、踊れば前にでて踊りだしてくれるし、職員の方も楽器を持ってきてくれたりして協力してくれて、踊って、歌って、一体感のあるライブができました。私達も、患者さんも大汗かきました。音楽は、体も心も動かしてくれる。患者さんたちの生き生きした表情を見ていたら、音楽の力が、病院や老人施設など医療機関でももっと必要だと、すごく感じました。

海辺の森HP


夜は、高知市の中心地にある『Bar風街』でライブ。
松山出身のメンバー、スミのお母さんと弟さんも松山から駆けつけてくれました。初めて聞くバンドでの演奏にこんなパワフルだったのかと、びっくりしていたみたいですね。
風街の3Fのライブスペースが生音でもよく響いて、ムビラ本来のグルーブが出せたと思います。
ムビラって、踊れと誘うのではなく、胸の中からジワリジワリと踊らずにはいられない盛り上がり支配されていく。こんな大地を感じる音は聞いたことがなかったと、好評な声を貰って、私達もうれしかったです。

12日(日)午後の便で帰宅の途に着いたのですが、その前に高知街ラララ音楽祭
http://www.kc-lalala.com/にゲスト出演させてもらいました。中央公園の特設ステージでライブ。
9年も続く地域の音楽祭に出させてもらえて楽しみました。
ラララ


このツアーでは、高知の友人、アイリッシュのミュージシャンである北村さんにすごくお世話になり5本のライブができました。
ムビラに理解を示してくれて、私達の活動を応援してくれる人がいるから、ムビラの活動が続けられます。こうやって地方公演も実現できます。
お世話になった方々にお礼しても仕切れず、なにが自分達に出来るのかなといつも思います。
今、私は、自分達の音楽を信じて技術を上げて、このムビラの活動を続けていって、またいい音楽を聴いてもらえるようにすることが一番この恩を返せることなのかと考えています。
私自身は11月にソロの仕事で高知に行くのですが、この4人でまた高知に行きたいと願っています。
また、高知の皆さんにパシチガレ・ムビラズで会えますように。

| アフリカ、ムビラ | 05:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hayashierika.blog99.fc2.com/tb.php/64-93422343

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT