FC2ブログ

元氣メグル日々 エリカのブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2019ジンバブエ その2

ジンバブエはインターネットの接続が非常に悪く、一日のうちに瞬間的に繋がるのみ。SNSも送信できず、連絡が取りにくい状況。マルチカレンシーを廃止した6月末ぐらいから、こんな状況の様子。人々はキャッシュ不足で、給料もエコキャッシュという電話番号にリンクさせた電子通貨で振り込まれたりしているが、ネットワークが悪いと使えず買い物も出来ない。キャッシュもなし、電子通貨もなし。それでも人々はゆったりと、電波が繋がるのを待っている。
ジンバブエは、ほぼ8割が農民だと言う。農家で自給自足に近い生活があるから、このインフレーションやマルチカレンシー廃止といた為替の危機をしのいでいく。日本だったらしのげないだろう。私はこの国の自給自足の生活に、経済危機に打ち勝つ道をみてしまう。

例年お世話になっているビレッジ4Bのチアニケ家に移って来た。メンバーが入れ替わっていても、4人の女の子と7人の男の子の11人の子供の面倒をみていた。その中の3人は、孫ではなく遠縁の子だが、誰も面倒をみる人がいないから引き取っている、チアニケのその懐の大きさ。それに比べて、日本の核家族、近所付き合いのなさ、コミュニティーに属さなかったり、個人で引きこもっている小ささ。

娘はほぼ同じ歳の女の子たちと、終日真っ黒になって遊んでる。もうショナ語で喧嘩をしだした。
15頭牛がいて3頭出産したので、牛乳が豊富にとれる。毎日子供たちが搾乳しているが、私たちがやらせてもらうと上手く絞れない。今年はもう少し上手くなりたい。
ヤギも牛も目の前で勝手に出産する。鶏もヤギも、目の前で絞められて、美味しくいただくことになる。飼っている鶏たちも、途中でヒヨコのうちに死んだりするが、残酷に子供は遺体をもてあそぶ。勿論、娘も一緒になって。
井戸水をくみ、乾季なので、野菜に水をあげ、収穫し。囲炉裏に薪をくべ、料理し。
ここの生活は、すべて自然の恵みの中で、手作りだ。
ここの生活は、人の生きる術がすべてある。娘が毎日発見する思いを聞いていると、学校教育よりも、もっと深い学びがあると娘が学齢期になったからこそ感じる。学校に遠慮して、夏休みのみの旅にしたが、思いきってもっと長く旅すればよかったと、思ってしまった。
娘には、「やはりジンバブエに住むことにしようよ」と言われるが、それはもう挑戦済み。外国人がサバイブするには難しい国よ。

| 未分類 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hayashierika.blog99.fc2.com/tb.php/319-d7735caf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT