元氣メグル日々 エリカのブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ムビラ修行、遥かなる道のり

ドンゴーザ氏がチアニケを訪ねてきた。60才台のふたりがムビラについて長いこと話しあっている。
多弁で雄弁なドンゴーザと寡黙で温和なチアニケ。対照的なふたり。

チアニケは、多彩なムビラの曲のバージョンをアップテンポでどんどん教えてくれるが、こちらは溺れぎみだ。
「儀式でムビラ奏者が6人いたら、隣の人の音を聞いて、クシャウラ、クチニラと交互になるように、演奏していくようにしなければならない。他の人と同じバージョンを弾いたら、意味がない。6人いたら、3つのバージョンのクシャウラ、3つのバージョンのクチニラになってこそ、良いムビラ奏者といえる。」などと、儀式での演奏について教えてくれる。だから、各曲6バージョンずつぐらいのバリエーションを弾きこなせなければならないと。
私など、儀式で知らないバージョンで弾かれると、隣の人に「これなんの曲 」と聞いてしまうこともあるのに。
高い目標を示してくれたが、先は程遠い。

| ジンバブエでの日々 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hayashierika.blog99.fc2.com/tb.php/282-dc0e8ff5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT