元氣メグル日々 エリカのブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

〈南アフリカ、ジンバブエ旅記2016 その1〉 南アフリカ トランスカイに嫁いだ旅友

今回は、南アフリカのトランスカイのコサ族に嫁いだ旅友達モモちゃんを、訪ねる旅から始まった。

ヨハネスブルグは、ワールドカップを機に発展していて、長距離バス乗り場のパークステーションまで、空港から近代的な地下鉄が通っていて、治安も改善したように見えた。モモちゃんの住むウムタタまでバスで13時間あまり。日本から3日かかった。
私と出会ったのは、2007年のジンバブエで、私はもうムビラに惹きつけられていてパシパミレ師匠の家で修行中で、モモちゃんは世界放浪中の旅人だった。一緒にムビラの儀式に行ったりしたが、それほど親交を結んだ訳ではなかった。それがジンバブエの村に住んでいた昨年、アフリカ人の伝統的な人に嫁いで、アフリカに暮らすもの同士として、メールで励まし合う仲になっていった。異文化の習慣の中、日本人も周囲にはいない環境は、孤独もあったが、大自然が身近で、家畜を飼ったり、農業をしたり、自然と共に暮らす知恵があり、家族の繋がりの深さや伝統的文化習慣が生きており、精神性の高いアフリカでの暮らしに尊敬を持っていることなど、モモちゃんとは共感しあえることが多かったのだ。そして、彼女は6歳と3歳の子がいて、4歳の娘のいる私とは、逞しいアフリカンママでありたいと、励まし合っていた。

モモちゃん一家は、ウムタタの郊外の電車の車両を住宅に改造したトレーラーハウスに住んでいた。車両一両分の家の中は、バスタブ付きのシャワートイレ、キッチンダイニングと整っていて、快適だ。
ジンバブエに行き慣れた私には、南アフリカの一地方都市ウムタタというのに、ジンバブエの首都ハラレよりも都市生活が整い、村でも電気が通っている南アフリカの近代化に驚いた。白人の数も多く、モモちゃん一家のご近所はカラード(混血)が多く、インド人、アジア人と民族の多様さを感じた。ジンバブエは、圧倒的に黒人国家なのだ。私の娘のようなカラードが歩いていると、非常に目立つ。

モモちゃん家での滞在は、不思議な時間となった。娘も私も、日本を発つ前から風邪気味だったのだが、モモちゃん家もコサ族の夫が風邪を引いていた。日本から持ち込んだ風と現地の風邪、現地の乾季から雨季、冬の終わりの季節の変わり目に反応したのか、我が家もモモちゃん一家も全員発熱し、5日間も寝込んでしまったのだ。寝たり起きたりして、モモちゃん一家と一体化して、家族のようにゆったりと何もせずに過ごしてしまった。
唯一、ポートセントジョージの近郊にある、地元の人から聖なる場所とされているスヌーカの泉に行った。そこは、日本でいう温泉治療の場所だった。鍾乳洞の中にあるミネラルを多く含む泥を肌に塗り、ガスの吹き出る穴からは硫黄臭のあるガスが噴き出て穴に顔を突っ込む人、鍾乳洞のある岩山の上には硫黄ガスが噴き出る冷泉があって、多くの人が泉に使っていた。岩に穴が開いていて、飲料用の硫黄泉が取れてペットボトルで持ち帰ることもできた。地球の息吹が感じられる地は、世界どこでも地球のパワーを直接受けられる聖なる地だ。サンゴマと呼ばれる伝統的な呪術師が獣の骨を燃やして儀式をした跡や、ビーズを身に着けたサンゴマ自身の姿もあった。

モモちゃんは、ご主人と協力しながら子育てをして、もう6年も南アフリカで生活している。私のジンバブエでの生活は、たった一年で終わってしまった。私も、モモちゃんのようにずっとアフリカで生活して生きたかったと、思わずにはいられない。正直、ご主人の理解と協力、信頼感を培えたことが、羨ましい。
モモちゃんも私も、お互いアフリカと日本のミックスの子供たちを育てながら、この子達こそ世界をひとつにする民族、違いを超えた愛の形、平和の形だと思う。この子たちは、私たちの誇りだ。
これからも、モモちゃんとは共感しあい、励ましあい、世界の自由と平和を目指していくだろう。
(写真は、モモちゃん宅。ご主人の母の住む村の美しい風景。子供たちが集合写真でも落ち着かない)
DSC05544.jpg
DSC05589.jpg






| アフリカ、ムビラ | 01:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: おかえりなさい!

私にとっても、娘にとっても、ジンバブエは故郷ですね。
娘は、もう4歳。自分がアフリカンジャパニーズだと、分かって来ていて、この二つの文化をママと一緒に行き来するんだと、今回は理解してきた感じでした。

| ハヤシエリカ | 2016/10/10 01:04 | URL |

おかえりなさい!

おかえりなさい!ジンバブエへ。そして横浜へ。
どちらもエリカさん、愛生音ちゃんにとってかけがえのない故郷ですね。

| 和 | 2016/10/09 01:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hayashierika.blog99.fc2.com/tb.php/261-2a9f8b80

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT