FC2ブログ

元氣メグル日々 エリカのブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Fuku

Fuku
ショナ語でfukuは、鶏のこと。
この村の中で、現金収入の道をみつけようと、ブロイラーを育てる養鶏をすることにしました。

といっても、ど素人。まず、息子のべナートを同じビレッジ7の中で養鶏をしている家に派遣し、コストと利益率、マーケットについて調べさせました。

この養鶏のコストは、50匹のヒヨコが、43$。餌代がだいたい150$。
1匹6$で売却。
コストが200$、収入300$で、利益100$。利益率50%は、いいビジネスです。それも6週間で生育するので、6週間で資本も帰ってきて、利益も得られる。
勿論、途中で死んでしまえば利益率は落ちていくのですが。

そして、この村はリッセットメントと言って、独立後に政府が黒人農家に土地を再配分した土地です。政府から村人の農業や畜産にアドバイスするライフ デベロップ アドバイザーがいます。彼らのところに行って、飼育方法を教わってきました。
飼育を始めてからも、アドバイザーは来てくれて指導してくれたし、村人も何人も様子を見に来て、みんなアドバイスをくれました。

こうして家の中の一室を養鶏部屋に準備し、餌や物品を揃えて、8月6日に50匹からスタートしました。
ヒヨコは、2週間は寒さにとても弱い。火鉢を用意したのですが、初日に3匹死んで、3日目に1匹死んでしまいました。その後は、ベナートが大きな火鉢を手作りし、部屋は温まりスクスク大きくなっています。ブロイラーは、24時間ライトで照らして休みなく6週間で十分成長させることさせることが大切です。このライトも新しいソーラーライトを購入しましたので、一回目は殆ど利益なしですが、二度目からは50%の利益は獲られるでしょう。

結局、火鉢を用意したり、ベットにする草を刈ってきたり、ベナートがいなければ養鶏はできません。私の仕事は、部屋の掃除や餌や水の交換などで、家事に加えてブロイラーの世話で多忙を極めるようになりました。

リンガ村の中で、テイクアウェイのお店もできたし、100匹ぐらいは捌ける市場があることは、分かりました。月150$程度の収入で5人家族は楽に暮らせます。私はこの養鶏を続けていきたいと、思うようになりました。

これまでどうやってこの国で収入を得るのか、模索してきました。日本から車や部品を日本ネットワークを活しそうかとも思いました。
しかし、今、この養鶏をやり始めて、物を動かして利益を出すのではなく、食べ物を生産する仕事が選べて良かったと思いました。
そして、日本人としてではなく、村人と同じ立場の仕事ができて、この地で生きているという充実感を感じています。
私は、この地と一体になって、この地のものを食べ、生産し、この地とこの人々と生きていたいのです。






| 未分類 | 19:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/08/24 23:01 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/08/24 22:27 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hayashierika.blog99.fc2.com/tb.php/237-3d210b51

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT