元氣メグル日々 エリカのブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジンバブエの出生証明書取得

ようやく娘のジンバブエの出生証明書ができて、ジンバブエ国籍がとれました。日本名、林愛生音もアイネ ・チェナイ・ブーレとジンバブエ名に変えられました。出生時に父親がくれたりチェナイというショナ名はpureという意味。18歳までこの二つの名前と国籍を使い分けていきます。日本から戸籍を取り寄せて、日本大使館で翻訳証明を作ってと、手間がかかりましたが、証明書を手に入れられてホッとしました。
私のレジデンスパーミットもインタビュー迄終り最終段階、後いっぽです。

夫の姉とラポコという雑穀の サザ粉を作りました。Zviyo(ジオ)という。ラポコを火で炒って、ドゥリという臼でついて、外皮を剥がす。外皮と実が混じっているので、ザルで上から風にあてながら下の器に落とし、外皮を飛ばし、実だけにする。それを村の粉にすり潰してくれる場所へもっていって、粉にする。メイズで作ったサザは白いが、ラポコのは茶色をしていて、こくがある。大変健康的で、糖尿病にはラポコサザが治療食だと夫は話していました。
収穫、加工、すべて手作業で時間も手間がかかる。作業を手伝いながら、私はすこしずつ文化を学んでいます。

夫はドイツとアメリカから、大量のムビラオーダーが入ったので、夫は一日中ムビラを作っています。この収入で我が家も少し安泰でしょう。出会った10年近く前と変わらぬ、正確に良質なムビラを一日一台のペースで一人で作り上げる姿を尊敬します。彼は間違いなく世界トップレベルのムビラ職人です。彼のムビラを作る音を聞きながら、家事をして過ごす生活は私にとっては幸せなのです。

| ジンバブエでの日々 | 17:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hayashierika.blog99.fc2.com/tb.php/221-623c3008

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT