元氣メグル日々 エリカのブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

梅島ライブ

昨日、梅島ユーコトピアにて世界を旅するミュージシャンHo Ssyが企画してくれてライブをしてきました。久しぶりに音響を使ってのパフォーマンスは心地良かった。多彩なゲストでしたが、帰宅が深夜になると子供がかわいそうなので、早々にお暇しました。
子供連れていると、ハプニングばかり。折角急行に乗れたのに、「チッチ」とトイレコールで途中下車。そして、各駅でゆっくり進み、その途中でもトイレ要求。娘はお漏らししないのでお利口なのですが、なかなか前に進めません。
夜のライブの帰り道は、子供が寝てしまって、ムビラ道具と13.5kgの子供の総重量20kg近くを抱えて歩いて腰痛です。子育ては、本当に体力を使います。

娘は、人懐こくて本当に助かります。会場をウロウロしていろいろな人と遊んだり、私のライブ中も最後はステージまで来たけど、楽しそうに笑ってムビラを聞いて、ライブを邪魔したりぐずったりすることもなく、母のライブにパチパチと手を叩いてくれました。
娘はムビラのことをダディと呼びます。私の愛用にしているムビラは、夫サムソン・ブーレ作で、「ダディのよ」と話しているからでしょう。「あっ、ダディだ」って練習する私に娘はいつも言うのです。

紙芝居は、この後のライブは予定されていないので、またお話があったらやります。
こんな世の中だからこそ、ムビラの文化がもつ祖霊信仰や自然とともに生きていく原始的な生活の大切さを話す意味があると思っているので。

11月2日には、3年4ヶ月ぶりに吉祥寺アフリカ大陸での、パシチガレムビラズのメンバがーたちマサとスミとのライブに加わり弾く予定です。2011年結婚のためにジンバブエに行く前は、パシチガレムビラズとして、このメンバーたちとは随分ライブ数をこなしました。結婚、出産、子育てとブランクがあったのですが、先日練習して、一体感をすぐに取り戻せ、複数のムビラで弾く音の厚みに酔えました。本当に、ムビラの仲間は私を支えてくれます。本番が楽しみです。

ジンバブエは、タバコの種まきの季節です。夫からは、「空は、雨の知らせが来ている。」、「雨だ。心配だ。」などの知らせばかり。雨は降りすぎても、降らなくても問題なのでしょう。私はその加減が分からないから、彼の農業の経験には何もコメントできないので、ただ豊作になることを祈るばかりです。彼は、農夫です。いつも空をみて、考え事をしている彼の姿が浮かびます。
こんな狭い空の横浜、東京で、私はジンバブエを思います。
2014103.jpg

| アフリカ、ムビラ | 00:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hayashierika.blog99.fc2.com/tb.php/210-a908b386

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT