元氣メグル日々 エリカのブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台風と子育て

四国は大丈夫と、横浜の実家から再三電話があったけれど、この瀬戸内海の島は日曜の明け方には、風も雨も落ち着いていました。さすがに、島の中で看板が飛ばされていたり、木の枝が散乱してたりはしていますが、大した被害はなし。
この愛媛県の大島に住むと、横浜に比べて、地震も台風も少なく、冬も夏も大した厳しさはなく、暮らしやすい穏やかだな地だと思います。
この夏、自宅ではまだ一度も冷房も扇風機も使っていません。職場の同僚などに聞くと、みんな冷房全開みたいですが。私は寒くても暑くても、大体衣服だけで調整が聞く体質で、大島の暑さなど横浜のアスファルト地獄に比べたら、涼しいぐらいです。

雨の日の休日は2歳の娘と家に篭っているのは、なかなかの苦行。
私が家事をしている間に、等身大赤ちゃん人形を抱っこして、洗濯籠を壊さんばかりにお風呂ごっこをしていました。娘は赤ちゃん人形もぬいぐるみもみんな寝つかせます。でも、この赤ちゃん人形を私が抱っこして可愛がると、「アイネのママ」と嫉妬して怒ります。
休日は、あまりに一人ではしゃいで昼寝をしないので、私が一人で昼寝しようと布団に入ったら、自分がいつもやられているように掛け布団も肩まで引っ張りあげてくれて、ママにトントンして「ネンネ、ネンネ」としてくれました。かなり世話焼きです。
保育園で娘は飛び級なので、同じクラスの子達はひとつ年上。3歳児たちはお箸を使うので、最近は「アイネもお箸」と家ではお箸を要求。「見て、見て」とお箸で何かをつまめる度に得意げです。来年には手づかみの国、ジンバブエに行こうとしているのに。

「赤、青、黄色」と何色でもこの3色ばかり。色の概念が分かり出した様子。親が教えなくても、保育園で年上の子達によく教わって来て、保育園の力はすごい。

雨の日のお散歩。大人の傘を自分で持ちたがります。何でもママのすることを、してみたい。でも、ママは濡れているのですが。。2つ傘を持つと、途中で「重い」と傘を放りだし、抱っこ要求。傘2つと13キロの娘を抱えて雨の日に歩く母は、力持ちになります。

反抗期でも、あるから「違う~」とよく言います。お茶をあげれば「違う。牛乳(うちでは豆乳だけど、娘にとって白い飲み物は全部牛乳)」。気に食わなくて、飲み物や食べ物、おもちゃを放ることもよくあり、私に毎日きつく注意されています。しかられても、ママにかまってもらえてうれしそうでニコニコしていて、こちらの真剣さがなかなか伝わらない。何度も言って聞かせて、成長を待つしかないですね。
空気を読む子なので、保育園ではとてもお利口さんらしく「しっかりしている」とよく言われるのですが、家では服も床もよく汚してくれるし、ママが座るとコナキジジイのように「オンブ」と背中に張り付いてきて、床を拭く四つんばいのママに馬乗りにもなってくるし、仕事と家事に追われる私の体力を奪います。

お気に入りの歌は、5月からずっと鯉のぼり。歌詞に「大きな真鯉はお父さん」というのがあるせいか、この歌を「マゴイ歌って」と言います。自転車の子供椅子から何度も「マゴイ歌って」と言われて、大声で季節はずれの鯉のぼりを歌いながら自転車をこぐ日々。「カエルの歌」もお気に入りで「ケケケケ、クワクワクワ」と一緒に歌います。
娘と一緒に歌が歌えるなんて、幸せ。

私の足の打撲したあざを見て、「ママ、ジージーしたの?(お絵かきしたの意味)」と聞いてきます。可愛い表現。そして、ペンを持て来て、私の足に書こうとする。ジージーじゃないからと言っても、分からないね。

仕事に家事に慌しい過ぎる日々。
この常勤の仕事をやめれば、もう少し娘と一緒に過ごしてあげられる。
保育園はとても良くしてくれますが、お迎えに行くと全速力で走って私に抱きついてきます。この子が何よりも母との時間を望んでいるのを常に感じます。
国は、女性の労働力を確保などと言い、経済成長のために女性の社会進出を望むようですが、日本の経済成長など私は望まない。それよりも、子供の心と体の健康な成長のほうが大切。
私は子供の幼い時に常勤で働きすぎるのは、母親にとっても、子供にとっても良くないと思っています。父親でも、母親でも、祖父母でもいいから、家で子供とゆっくり過ごす余裕のある人が、家庭に誰かいたらよいのでしょうね。
私は日本ではシングルマザー。仕事も家事も育児も全部やらなければならないけれど、経済的に豊かでなくてもいいから、子供が幼い時は私はもっとこの子を抱きしめて、一杯お話をしてあげたい。
DSC04146s.jpg


| 大島の日々 | 23:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

メールありがとうございます。

お久しぶりです。そして、娘さんの誕生おめでとうございます。
アフリカ人とのMIXは、本当に健康で体も大きくて、育てやすいですよ。
しかし、まだ1歳2ヶ月では、手がかかることと思います。
ジンバブエの夫のもとへは、2月に帰って、村で暮らせる状況であることを確認でき、2年近く会えていなかった夫への愛情も再確認できたので、お互いの状況を整えて来年一緒に暮らそうと約束して帰ってきました。私は資金稼ぎのために、今日本で必死に働いていますが、育児と仕事でクタクタな毎日です。早くアフリカの地で穏やかな夕日を見たい。
夫の経済的状況は相変わらず良くないので、ジンバブエでの生活が成り立つのか不安は払拭できていませんが、今は、ジンバブエで貧しくとも家族で暮らしていけるように努力する覚悟です。
子育ては、躾やその子の将来のことも考え悩みますが、本当に可愛らしくて、私の心を温めてくれます。
お互い子供に輝ける未来を残せるように、平和な世界を作っていきましょうね。そして、子育てを楽しんでいきましょうね。


> アイネちゃんが産まれる前にコメントさせてもらったみいじょです。
> ジンバブエにつに戻ることにしたんですね。遠くにいても家族は家族ですが、やはりそばにいるのが自然な形ですよね。応援しています。
>
> 私もジンバブエ人のパートナーと結婚し、娘が生まれ、今一歳2カ月です。アイネちゃんとおんなじふわふわカーリーな髪の毛にパパ譲りの褐色の肌。
> アフリカでは黒人女性はお互いシスターと呼び合いますよね。
> だからアイネちゃんと娘も“sister”ですね。

| ハヤシエリカ | 2014/08/19 22:25 | URL |

EMSの連絡先はわかりますでしょうか?

林様、

早々のご回答誠にありがとうございます!

そうですね、現地のバイヤーさんに伝えて調べてもらおうかと思います。

ありがとうございました!!

| 中古車輸出をしております。 | 2014/08/19 22:21 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/08/19 14:55 | |

Re: EMSの連絡先はわかりますでしょうか?

現在日本にいるので、EMSの取り扱いエージェントの連絡先は分かりません。しかし、EMSはジンバブエの郵便局がとりあつかっているので他に取り扱いエージェントがあるかどうか?お客様にジンバブエのポストオフィスに問い合わせてもらうのも手だと思います。手紙などは普通郵便でも、2週間ぐらいでいつも届いています。日本からの郵便物が紛失した経験は、私はありません。もう少し待てば、EMSは届くのではないかと思うのですが。
日本サイドでは、EMS追跡を郵便局に依頼されているなら、その結果を 待つのが最善だと思います。ジンバブエから出した荷物が届かず、郵便局に追跡依頼したときはとても対応がゆっくりで、結果ができるのに数ヶ月かかり、何度か催促しました。郵便局は、対応に時間がかかりますね。
お力になれる返事ができませんが、郵便物が届きますように。


| ハヤシエリカ | 2014/08/18 22:38 | URL |

EMSの連絡先はわかりますでしょうか?

突然すみません、EMS ジンバブエと検索したらこのブログに辿り着きました。もしご存知ならジンバブエで日本からのEMSを取り扱う現地のエージェントか会社をご存知ないでしょうか?
先日、ジンバウエの方に車を販売したのですが、船荷証券をEMSで送ったところ、2週間たっても到着しません。今までUPSを使っていたのですが、1週間くらいで到着しました。追跡番号で追跡してみましたが、国内を出た履歴だけであとはわかりません。郵便局へ聞いても、わからず、その先は調査請求を出してくれと言われて出しましたが、いまだに連絡がこなくて困っています。もうすぐ車を乗せた船がダーバンに付くのですが、船荷証券が無いと車を受け取れないので、お客さんも困っています。EMSを取り扱っている現地の会社の電話番号がわかれば、現地のお客さんに伝えて、直接コンタクトしてもらえますので。 すみませんがよろしくお願いします。

| 中古車輸出をしております。 | 2014/08/18 22:11 | URL |

原発反対を続けてきた小さな島

こんばんわ。
元気いっぱいの愛生音ちゃんと、
お母さんの頑張りや愛情が痛いほど伝わってきます。

こちらは、山口県の祝島へ
「子供や孫に美しい海を残したい」というおばあちゃん
「補助金はいらない。美しい空気と自然がほしいだけ」
当時50歳で今は80歳が
30年間、原発反対運動を行っている場所です。

中国電力や政治家への強い意思を表すのは、
母であり、おばあちゃんであり。
愛情があるのだと感じています。

というか、やっぱ、原発、要りませんね・・・・。

| 和 | 2014/08/16 22:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hayashierika.blog99.fc2.com/tb.php/204-ebe15066

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。