元氣メグル日々 エリカのブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人の私生活よりも

自己肯定的に既成概念にとらわれずに、常に新しい自分でいることをしている人は、生きている幸せを感じていられるといつも思っています

この島に来て、多くの人はとても親切ですが、一部の人に私生活に介入してくる人に出会います。

隣人の方は、私が夜に台所の電気をつけ料理をしていることが気に食わなくて、「眠れないんだ。何やっているんだ」と怒鳴ってきました。この島の一部の人はとても言葉使いが荒くて「おんどりゃ、わしを舐めてんのかぁ」という感じで怒鳴ってくるのです。
私は子供が寝た後、安全に料理したくて、0時を過ぎて料理をしてしまうことが度々あったのですが、ただ電気をつけて料理をしているだけなのに「こんな時間に起きているな。10時までに電気消せよ。できないなら、出て行けよ」と怒鳴られてしまった。
私には、よく理解できない出来事で、どのように対応しようか少々悩んでいました。
しかし、相手は老人だし、この島で古くから暮らす住人だし、相手の考えを変えることはできないので、これは無理をせず早く寝なさいという神様のメッセージかな、電気代も浮くのでいいかな、と思うことにしました。

仕事から帰宅してから纏わりつく娘をなだめながら、料理や洗濯の家事に追われて、この隣人の家に面する台所で料理するのは、10時まで。今まで以上に時間に追われる慌しい日々なのですが。
それ以降に台所に入るときはヘッドライトを使うことにしました。まるでジンバブエのクムーシャ暮らしのようで、笑ってしまうけど、このヘッドライトが意外と便利で、結局夜はヘッドライトつけてお風呂洗ったり、洗濯干したりしてしまっています。

私は「世界は私であって、私は世界である」という言葉が好きです。私の見方ひとつで世界は変わるのです。
相手は変えられない、他人と比較したり、他人を評価しても世界は変わらない。
私が自分を愛し、自分が笑顔でいられる考え方に切り替えれば、世界は変わっていく。

「あなたの家TVないんですって。現代の子供にTVなしなんて、子供がかわいそう。」などと言ってくる人もいるのです。電磁波の危険性、TVによる国民の意識の操作、自分の考ているTVの弊害を少々話すと「あなた考え方がおかしい。周りとあわせないと嫌われるわよ」などとも言われてしまうのです。
自分の信念のもとに、自己責任で暮らす私生活にどうして忠告めいて言われるのか、これもまた私の理解を超えた出来事でした。
年代に関係なく、食生活、これまでの生き方、働き方、衣服など身に着けているものなど、口を出してくる人に時々お会いする。言われても、私は傾聴するだで、信念は変えないのですが。

都市部では、隣人に関心なく、誰が何をしているのか関与してきません。
私は、都市部的な人間関係の希薄さより、この島のように人との距離が近いほうが、人間らしい生活だと思っています。
今回、私が出会った問題は、田舎的な人間関係の密さではないでしょう。彼らの考え方にあると思います。
保守とも言えますが、自分の価値感の外にあるものを否定的に評価するのです。
この考え方だと、他者を否定しているうちに思考は膠着して、面白さや幸せ感から遠のいて、最終的に自己否定へと行き着いていってしまいます。そして、土地と人は一体化しているので、この島自身が外部からの人間を受け入れられず、より過疎が悪化して活性力のない島になってしまうでしょう。
私は個性的なキャラクターかもしれません。もし、私が土地の人間だったら、個性的な人間がどう物事を動かしていくか、面白くてワクワクしてみていると思うのですが。

私の私生活などより、この国は恐ろしい方向へ舵を切っています。
この国の未来を見つめたほうがいいのではないでしょうか。
DSC03421s.jpg

| 大島の日々 | 00:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: 大変ですね…

やすとさん

メッセージどうもありがとう。
この島にきて、今までにない多くの経験をしています。
ご近所さんでも、好意的な方がほとんどなんですよ。野菜をくれたり、地域のの集会や活動の案内などもしてくれます。引越しのときに挨拶して回っていますし。
ただ、この隣人だけは、私個人を良く思っていないようで、何を言っても何をしても難癖つけてきそうな雰囲気でした。この方のいうとおり、10時までに家事を終わらせることで、今は無事しかられることなく過ごせています。

島の中でも私のブログを呼んでいる人がいます。職場にはいませんが。私は書くことを迷いました。しかし、私は表現者として、自分で自分にうそはつきたくないのです。自分の表現に正直でいたいのです。
このブログは、私のただ愚痴を書く場ではなく、生き方や作品、音楽など自分が裸になって、表現している場なのです。人に伝えたいことがあって、表現している場なのです。そして、多くの人とその表現の中で、意見交換して、影響し合って、より良き社会と人生を歩んで生きたい。島の人にも、読んで何かを感じていただけたらいいと思います。

| ハヤシエリカ | 2014/07/01 23:03 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/07/01 17:13 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hayashierika.blog99.fc2.com/tb.php/198-0346e163

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT