元氣メグル日々 エリカのブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

せかいはひとつ

娘の通う吉海保育園の園長先生が、私のブログを見つけた誰かから、私がムビラの活動をしていたことを聞き、ムビラについて質問してこられた。
60人ぐらいの小さな保育園だけど、よくお散歩にも連れて行ってくれるし、娘は毎日楽しく通ってくれるので私も安心して働けています。
この島でこの保育園で過ごせる縁をとてもありがたく思い、ムビラやジンバブエのことも知ってほしいので、私は自分の絵本「神とつながる音」とムビラのCD「MONDORO」を贈りました。

そうしたら、保育園の先生たちで絵本を読みCDを聞いて、園内に世界地図と世界各地の子供たちの生活の写真を張って、「せかいはひとつ。みんななかま、なかよくしようね」と書く取り組みをしてくれました。アメリカ、ケニア、韓国の子供たちの食べ物や服装、生活の様子も説明してある、世界にはいろいろな人たちがいて、みんな一緒に生きていることをお話してくれたというのです。こういう取り組みをしてくれるなんて、本当にうれしかったです。年長さんには、私の絵本を読み聞かせて、CDも聞かせたようです。
園長先生は、私のムビラの紙芝居も是非子供たちに見せてあげたいと話されました。今は、仕事で時間がとれないのが寂しいのですが、この島にいる間にアフリカンドレスを着て、ムビラの紙芝居をして、子供たちにジンバブエについてお話したい。

私が関東でしていた絵やムビラの活動は、世界はひとつであること。国家や人種に縛られず、この文化の多様性が世界を豊かにしているという、平和を訴える活動だったんだと、保育園の取り組みをみて、改めて感じました。

この園には、ジンバブエ人とのMIXのアイネのほかに、イギリス人とのMIXの子もいます。小さいころから、世界地図をみて、世界の多様性を感じられることは、子供たちの世界を豊かに自由にしてくれるでしょうね。
IMG_0165s.jpg

| 大島の日々 | 03:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hayashierika.blog99.fc2.com/tb.php/196-6e77f249

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT