FC2ブログ

元氣メグル日々 エリカのブログ

2020年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

キッチン


炎は 森の 息吹き
食べものの 命は 交わり
人に 命を 与える

ジンバブエの村で生活していた頃。薪をひろい、キッチンでこうやって毎日、炎を操ってサザを作っていた。サザとムリオ(野菜)の塩炒めだけの質素な食事だったが、美味しかった。私も子供たちも元気だった。

バックパッカーで旅した19年前から、同じ画材、同じ紙で絵を描き続けている。この形が一番表現したいことが表現できる。
私は絵を習ったことはない。正確なスケッチはできない。水彩は、こういう風に描くのものではないことも知っている。技術がないので、実は絵に自信はない。
でも、どう描いても、私はこういう風にしか描けない。そして、そんな自分の絵が好きだ。一生こうやってアフリカを描いて、言葉を紡いでいると思う。

| アフリカ、ムビラ | 10:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |