FC2ブログ

元氣メグル日々 エリカのブログ

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2018ジンバブエ その6

ハラレにビザの延長の為にでたが、ドルとボンドのレートは上がらないのに、物価はジワリと高くなっている。
ガソリンスタンドの車の列の長いこと。後が見えない。
ATMは、キャッシュ不足で殆ど機能していない。
こういうインフレーションになってくると、人々は貨幣を貯めておくことより物を買う。チアニケも纏まった収入をかなり中古の日本車購入にあてた。以前のハイパーインフレーションの時も、自家発電機に全ムビラ収入をあてたムビラメーカーがいてその発想に驚いたものだが、物ならば高い値段をつけて転売できるというわけだ。どれだけ貨幣価値が信用ならなくなっているか。

こんなジンバブエだが、ハラレは相変わらず活気があり、人々は爆笑しながら冗談いいながら、手を繋ぎあったりスキンシップを楽しみながら、笑顔に溢れている。私はジンバブエミックスの娘を連れているので特に目立って、ムバレで古着を買っても薬草を買っても、人々に話しかけられ、からかわれる。
日本人はいつも不機嫌そうな人がなんて多いことか。この開けっ広げなジンバブエの人々の笑顔とユーモアを見せてやりたい。

娘の父親がハラレの宿に来てくれて、2年ぶりに会えた。娘は勿論大喜びだ。相変わらず父親に表情が似ている子だと思う。
この旦那がいうには、「いまのジンバブエの急激な変化はすぐにまたよい方に変わるだろ」というのだ。根拠がない楽天的な発言。日本のような社会問題に無責任、人任せではないのだ。どこか圧倒的な楽天さがジンバブエ人にはあるように見える。

| ジンバブエでの日々 | 04:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |