元氣メグル日々 エリカのブログ

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガリカイジャパンツアー&ムビラサミット

今年のムビラサミットvol8に使ったイラストです。
今年のムビラサミットは、6月15日(土)場所は、東京浜松町のアフリカレストラン カラバッシュです。
詳細:http://ameblo.jp/mbirasummit/

このイラストは、2012年1月、妊娠4か月の時ジンバブエで描きました。なんでジンバブエにいるのだろう、という思いを絵にしてみたのです。妊娠中なのに、あの時はとにかく炎を描きたかった。
自分がジンバブエで結婚したり、子供を授かったのも、こんな波乱万丈な人生になったのも、ムビラに惹かれて祖先の魂や精霊の導きによって起こったこととしか思えない、ムビラは呪術だ、音楽は魔法だと。
我ながら、この絵は自分の中にあるものを出しきれた、自分らしい良い絵だと思っています。

私の絵は、自分の中に湧き出たものを形にするだけで、排泄のようなものなので、あまりにも毒々しかったのかフライヤー加工では少々爽やかになりました。私の絵は、本当はイラスト向きではないのですよね。でも、評価されまいが自分の絵を変えるつもりはありません。絵を描く私は無になれます。そういう気持ちよさを失いたくないので、ただ私の空想を吐き出すのみです。

ムビラをみんなで弾いていたり、儀式のムビラの演奏の中で、自分は透明になって、ざわざわと精霊の声を感じる時がありました。世間的な評価はけして良くない人生かもしれませんが、私はムビラに出会ってから、ムビラに導かれてきた人生を幸せだといつも思います。

多くの人にムビラ音楽を知ってもらいたいと思うのは、瞑想状態になって、精霊たちの聖なる声を感じることは、人間にとってとても大切だと思うからです。それも、多くの人と音とリズムを合わせ、踊り歌いながら、歓喜の中で瞑想へと入っていけます。
人間が頭で考えすぎて、合理性を求めすぎて、この世は滅茶苦茶です。
ムビラの中で無になってみれば、この今をともに生きている世界中の人間、動物、植物とのつながりを感じて、生かされている自分を見出し、自分の中の真の自分を感じられます。こういう感覚は、今の日本に必要なんです。

ガリカイ・ティリコティ氏がもうすぐ来日します。私が初めて参加させてもらったムビラの儀式もガリカイ氏の家で行われた2002年のものでした。夫サムソン・ブーレより、ずっと早くガリカイさんに出会っているのですね。
本当に多くの人にこのツアーに参加して、ガリカイさんに会ってほしい。
私も娘とガリカイさんの音に身をゆだねたいので、何度かライブに足を運ぶ予定です。

ガリカイ・ティリコティジャパンツアーツアー
詳細: http://www.mbira.jeez.jp/garikayi.html
musicismagic (577x800)

| アフリカ、ムビラ | 22:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT