FC2ブログ

元氣メグル日々 エリカのブログ

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

お正月

明日から仕事始めですが、相変わらず多忙なお正月でした。

31日は、夜勤明けで仮眠も取らずそのまま御節作り。
日本にいるときは、毎年作っていますが、日本のお正月には御節料理は必須です。
伝統的な季節の行事をちゃんとやると気分がいいのです。
横浜名物松原商店街で、マグロを競り落としてきた弟と合流して、実家で紅白みて、その後恒例になった弟との氏神様への元朝参りで近くの神社へ。
満月の月と除夜の鐘、甘酒すすっておみくじ引いて、お正月気分を楽しみました。
DSC04294.jpg


1日は、早朝から弟と近くの特別養護老人ホームへ祖母を迎えに行きました。
年末もまた恒例のように祖母は体調を崩し、今度は胃潰瘍だということで吐血。入院しそうに成りましたが、認知症があまりに酷くホームで療養中でした。
胃潰瘍の為か、薬も食事もいつもより拒否が酷かったので、家族で励まして少しでも薬や食事を取らせようと実家へ連れ出したのです。
連れ出すのも、薬も水も、全部つねったり、叩いたり、つば飛ばしたり、祖母の拒否の強さには驚きです。
まあ、ただ座っていればいいと思って、親族でおしゃべりしていたら、途中で食事介助したらなぜだか拒否しなくなり、どうにか食事が取れました。
やはり、愛のパワーです。

今年もお正月ぐらいは晴れ着で迎えようと、小紋ですが着ました。
年数回しか着ないけど、自分も年々着付けが旨くなりますね。着付けの稽古に真面目に実家に通おうと思いつつ、実行できないここ数年です。
この絣の小紋、よく母が私が幼い頃に着ていました。こういう思い出の着物が自分に似合う年齢になったことに感慨深い思いです。
若いときは可愛い華やかだけの着物でしたが、今からの年齢のほうが粋なものも、味のあるものも着れて、着物が面白くなるのだと今年はいい発見をしました。
DSC04362.jpg


2日も愛のパワーで実家に連れてきて、食事を取らせようとしたら、朝から祖母は発熱。
1日に介助していても、咳き込むなぁとは思っていたのですが、やはり誤嚥性肺炎。
正月から祖母は入院。
食べなければ脱水になり、食べれたら今度は肺炎、困ったものです。
正月の救急病院は大変な込みようで、母や叔父がクタクタになっていました。
私は、自宅待機で絵の創作の時間がとれました。
アフリカンミュージックをかけて、無心で絵を描いて過ごすのは幸せです。

本日は、私が祖母の面会に行きました。
手をさすれば、また叩いたりつねったり、なぜか怒った反応をしてきて、これだけ強く自分の主張を出せるのですから、まだまだ長生きしてくれるでしょう。
祖母も認知症に加え体も弱くなったので、今年もいろいろな騒ぎを起こしてくれるでしょう。

祖母に振り回されたお正月でしたが、命があるってありがたいことです。
ただ生きてそこのいるというだけで、人は本当にすばらしいことです。
この写真の中に祖母がいる。それだけでいいお正月でした。
DSC04297.jpg









| 日々のこと | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |