fc2ブログ

元氣メグル日々 エリカのブログ

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

マクロビオテッィク

実は9月からマクロビオテッィクの道を切り開いた桜沢如一の奥さんが作ったリマ・クッキングスクールに通い始めたのです。


看護学で習ってきた西洋的なカロリーやビタミン、三大栄養素に分ける数合わせのような栄養学に、本当に人の健康的な食事といえるのだろうか、ずっと疑問を持っていました。だって、病院の食事も施設の食事も美味しくないし、幸せ感がないのです。

そんなときにマクロビオテッィクのすべてを陰陽に分けて考える哲学に惹かれてしまって、本を数冊読みまくりました。
人間そのものを環境の一部とみて、そのときのその人の環境に合わせて陰陽のバランスを整えるマクロビオテッィクの食事法にも、納得してレシピ本などを見ながら、自己流で実践し始めました。
リマ・クッキングスクールに通ってみて、食材の切り方、炒め方や茹で方の火の入れ方、香りや感触などで陰が陽に転化していく感覚をつかむことなど、レシピを見ての自己流では分かりませんでした。
興味があって自己流でされている方、スクールに通うことをお勧めしますよ。

私は、食材への向き合い方が、とても変わりました。
料理は、子供のときから家族の為に作る生活の一部だったので、好きも嫌いもなかったのですが、大切な人たちや自分の未来の為に、心を入れて食材に向き合って、食材の力を最大限に引き出して、そして食べる人に向き合って、よく考えて作らなければと、真摯な気持ちになりました。
そして、食べ物すべて一緒に同じ世界を生きるものたち。
食材が愛おしくなりました。


マクロビオテッィクは、菜食主義のように取られがちですし、美容的に効果的と受けているようですね。確かに、マクロビオテッィクに則った食生活で、痩せました。
でも、健康って外見だけではなく、記憶力や忍耐力、耐久力、発想力などそういう精神面も大切です。
マクロビオテッィクを初めて一番自分の変化を感じるのは、よりポジティブに気持ちを持っていられるところでした。
マクロビオテッィクは、病気を治せると思います。
私が、特に惹かれたのはその部分ですね。
多くの病気は、食事から来ていると私も思うのです。食べ物で私達は、生きているのですから。
西洋医学一辺倒な医学界にも疑問が大きい私には、この食事法は大きな切り札になると思います。

今日は、初級の試作会+修了会。
課題の「切り干し大根と油揚げの煮付け」を提出。
DSC04289.jpg

今回は、師範の人が100人も卒業していきました。
師範までなるのに、最低でも1年半はかかるのに、すごいなあ。

ムビラや仕事の合間を縫って、来年も中級、上級、師範とがんばって通うぞ。

| 自然療法 | 02:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |