FC2ブログ

元氣メグル日々 エリカのブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

稲刈り お祖母さんと孫

今週の稲刈り。お祖母さんと孫。
彼岸花は、畔に穴を開けるもぐらなどの小動物に毒になるので、小動物対策に植えることを、初めて知った。ただ、稲の黄金色と色のコントラストが綺麗だからだとばかり思っていた。自然の知恵だなぁ。
台風でも倒れなかった稲たち。今年は雑草が多すぎて、その根に守られて倒れなかったらしい。雑草にも役割があると、教えられた。









| 日々のこと | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

稲刈り

1ヶ月半ジンバブエで過ごして、夏の田んぼに行けずにいたら、もうこんなに実っていた。谷戸田を守る会の田んぼは、一部稲刈り。娘は、鎌や稲刈りの方法も対して説明されなくても、逞しくザクザクと稲刈りしていた。さすがジンバブエ育ち。刃物の使い方が上手い。
「メイズは知っているけど、これがお米になるのか。」と、改めて日本の農業とジンバブエの農業を比較してしまう私達。

| 日々のこと | 14:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出国前の田んぼ作業

雨続きでなかなか田んぼに行けなかったが、ジンバブエに6週間行ってしまう前にどうにか作業に参加できました。
9月半ばには、刈り入れの年間計画表だけど、生育悪いなぁ。日照不足だろうか。雑草とりの作業が本当に重労働。
作業に飽きた娘は畔に座って、トトロの歌を谷に響びかせていた。「なんの歌なの~」って7,80代のメンバーばかりなので、不思議がられていた。
帰ってく来た時は、どんな実りになっているか、楽しみ。

| 日々のこと | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

選挙期日前投票

ジンバブエに出発する前に、期日前投票。比例はれいわ新撰組です。
選挙には毎回ついてくる娘。係の人の机に近すぎるでしょうと思うほどピッタリとくっついて、私の書く名前にも「どうしてこの人にするの。なんでなんで」と興味津々。
「自分の考えに近い人を選んで、自分達の手で社会を作るんだよ。ママは、体の不自由な人も子供も老人もみんな命を大切にされる世界になって欲しいの」
そんな説明を分かってくれたかな。

| 日々のこと | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

誕生日プレゼント

娘の7月の誕生日には、毎年本人と相談し絵本をプレゼントしている。絵本の裏表紙にメッセージを添えて。
7歳になる今年は、長靴下のピッピの絵本を4冊。おさるのジョージのABC。
ピッピは、9歳で一人暮らしをし、自分で髪の毛も結わき、料理、洗濯、掃除まで個性的lにする。南の島の王様になった父親が置いていった金貨で、学校も行かないで好きに暮らしをしている。しかし、友人を大切にし、その独特なファッション、暮らし、そんば自分を誇りに思っている。シミとりクリームのくだりで「私のこのソバカスを取るっていうの。ソバカス増やしクリームなら買ってもいいわ」なんていうのだ。
私は娘に、自分の自由な感性を大切に、
常識に縛られるな、自立して生きて、そして、ユーモラスと周囲への思いやりを大切に、そんなメッセージをこのピッピの絵本に込めた。
おさるのジョージのABCは、英語を勉強し初めた娘に、日本に縛られず、この地球上のどこでも、自分を理解してくれて、自分が生きられる場所で生きられる力が育つように思いを込めた。
とはいえ、親がどんなメッセージを込めようが、子はその子のままで育つ。元気で歳を重ねてくれることに、ただ感謝。

| 日々のこと | 13:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT