元氣メグル日々 エリカのブログ

≫ EDIT

ジンバブエのムガベ大統領退陣

ジンバブエは、37年にわたるり大統領の地位にあったムガベ氏が辞任した。私も、この政変を感慨深げにみている。

私は、ムガベ氏には同情的だ。老人介護の仕事をしていると、90歳を越えた高齢者に賢明は判断はできないのだ。幼児にできないように。それが自然だ。
誰かうまくこの高齢者に、うまい幕引きのタイミングを作ってくれないかと、白内障で白く濁ったムガベの顔を見ながら思っていた。
ジンバブエの友人たちとのやり取りで、「今は軍が力を持った。新しいリーダーに替わるのが最善だ。」とこの軍による事実上のクーデターを歓迎しムガベの退陣を求めるが、ムガベ氏自身を非難していない印象を持っている。
ムガベ氏には、このまま国を追われることなくクムーシャ(出身地の村)に帰って、穏やかな余命を過ごし、持病の治療に専念して欲しいと思う。

この政変でヌナンガグワ氏に大統領が変わっても、ZANU-PFの中で主導権争いの中でリーダーが変わっただけだ。ムナンガクワ氏は、ムガベ氏と独立前から行動を共にしてきた人物で、政治、経済の方向性はそんなに変わらないと思う。
そこにジンバブエの安定性さえみている。
野党が政権を奪えるチャンスは、2009年にMDCのチェンギライが首相になった時などにあった。でも、野党もそして市民からも、ムガベ退陣の道を作れなかったことは、国民はZAPF-PFの政治を最善と考え、野党にジンバブエを率いるだけの力がないと言えるのではないだろうか。

このムガベ退陣が、ZANU-PFの内部抗争を終わらせるだけで終わってしまい、ジンバブエは国際社会に復帰する大きなチャンスを逃したという解説もある。
多くの解説が、欧米社会の搾取側からの価値観で共感できない。
私は、この国には独立前から前100年にわたり植民地支配を強いられ、搾取され、独立しても人種間の格差が大きく、この国の植民地時代の傷跡は現代も深い。再びグローバル経済に飲み込まれて搾取されることもない。

ジンバブエの民は、過去のハイパーインフレーションの時にも今回のハラレでの行進でも、大きな暴動などなく平和に笑顔で過ごしていて、とても忍耐強くでバランス感覚のある国民だと、私は感じている
リーダーの顔は変わっても、国の方向性は変わらないだろう。それがこの国のバランス感覚のように思っている。

| アフリカ、ムビラ | 13:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夕食はサザ

今夜の夕食は、娘の希望でサザでした。ムリオ(おかず)は、ジンバブエのソヤミート、トマト、玉ねぎ、キャベツの煮込みです。やはり村のサザ粉、野菜の地産地消の食材と囲炉裏の火で料理したものと、格段の差があり、ジンバブエの村を二人して恋しがったのでした。
朝御飯は、ポーリッジだそうです。勿論、ジンバブエのサザ粉とピーナッツバターのドヴィです。

写真は、9月の満月の夕暮れに撮った木登りする娘。このパンツ丸見えが可愛いです。ルサペでの儀式の村で撮ったものは、よく棒を振り回してポージングしていて、この写真の後でフラドリック・ムジュルが無邪気な娘を笑っていたのが、印象的。







| アフリカ、ムビラ | 01:55 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マンジェングワのショナ彫刻

9月ジンバブエのルサペのフラドリック・マンジェングワの儀式に参加したときに、マンジェングワの彫刻を見せてもらった。この作品たちは衝撃的だった。
工房には無数も小さなノミが置いてあって、手彫りしていることが分かる。一部壊れていて、制作中破損したのか。売り物にはならないと思う。しかし、この気の遠くなるような作業を、どんなモチベーションでしたのだろう。
マンジェングワは、写真の黒いシャツを着た、歯が抜けて鋤きっ歯になっているちょっととぼけた風貌の老人だ。

ショナ彫刻は有名で、長年ジンバブエを訪ねていると、工房で製作場面をみたり、沢山の作品を見る機会がある。しかし、近年形式にはまった個性のない作品ばかりで、感動できないできた。
この作品は、なんて物語のある心打たれる力があるのだろう。

絵も音楽も論理的に学んだことはないので、芸術論的な本もあまり読まないが、何が芸術でアートなのかと、考えることはある。
ゲーテは、イタリアを旅して芸術作品に触れて、「この崇高なる芸術作品は同時に人間による最高の自然作品にして、真なる純粋な法則から作られたものである。全ての恣意的或いは思い込みによる過ちは崩れ落ちる。そこに必然が存在し、神も存在する。」という文章に出会って、芸術の本質について納得した。
芸術とは、個人的恣意的なものでなく、自然の法則の顕在として出現したものかどうか。
「しんじつだけが魂をうつ」と言ったのは、相田みつをだが、そういうことだ。

| ジンバブエでの日々 | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボンドノーツの急落

ジンバブエ中央銀行発行の紙幣ボンドノーツが、発行から一年たっていないが急速に価値を失っている。
空港までのタクシーをボンドノーツの2ドルを織り混ぜて払おうとしたら、US$払いなら20ドルだが、ボンドノーツ払いなら25ドルといわれ、予定外にボンドノーツが余ってしまった。
ボンドノーツもエコキャッシュ(携帯電話での電子マネー)も、US$キャッシュの70%ぐらいの価値しかない。
チェーン店のスーパーマーケットでは、USキャッシュもボンドノーツでもエコキャッシュも同価値だが、個人の商売では明らかにどの払い方にするかで、値段が変わってしまう。
これはかつてハイパーインフレの時のジンバブエドルのように、来年は道に捨てられるほど価値を失っているかもしれない。2008年ぐらいの状況が思い出された。
ジンバブエ人は、いつもジンバブエは平和で美しい良い国だろう、ただ経済状況が厳しいだけだ、リーダーがチェンジしなければならない、といい続けているが、この15年変わっていないねぇ、と今回の状況でも思った。

ボンドノーツを使いきりたくて、空港でアフリカングッズの店へ。娘が、「私、アニェンバ(シマウマトーテムの女性)でしょう。みんなアニェンバって呼ぶよ。だから、シマウマの服買わなきゃ。」と強く希望されて子供服を購入。この子のジンバブエへのアイデンティティーも年々深くなっていくんだなぁ、と思わされた。

| ジンバブエでの日々 | 03:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジンバブエっていいよねぇ

「ジンバブエって、自由で広くて何でもしてよくて、良いところだねえ。日本に帰りたくなくなちゃうねぇ」とよく言っていた娘。

毎日、朝から晩まで木登りに泥んこ。ショナ語も家の子供たちと喧嘩ばかりして泣かされてばかりで、「イウェ(お前)」「プシェーケ(あっち行け)」「ロクロウァ(打つぞ)」とか罵り合い言葉ばかり覚えたけど、「ウァナワング(私の子)」とかいいながら、人形をおんぶしたり、片言で意志疎通させていた。
「日本に帰っても、ママとアイネだけショナ語喋ろう。ショナ語忘れたくないね。マーニャとかいって走ったりするの。みんな分からないの。可笑しいね。」と言っている。
ヤギ、ウサギ、鶏を絞めて食べるのも抵抗なく、むしろ興味深く見ていた。ウィザというバッタも美味しく食べていた。インギという木苺やドウィというワイルドフツーツ、ピーチなども、木からもいでよく食べていた。何でもよく食べて、また成長した様子。

私は、朝から晩までムビラを弾きまくった。ムビラの奥深さも美しさも、学ぶほどに感じる。
広い空、大きな赤い夕日、広がる草原、素晴らしい星空。この村の素朴な生活。
文化の違いに分かり会えないなぁ、と思うこともあるが、やはりこの大地と文化に惹かれる。

毎年一ヶ月はこうやって村で暮らし続けたい。
「ジンバブエっていいよね。」
と母娘二人でいつまでも言っていたいなぁ。

写真 お世話になったレオナード・チアニケ一家 

| ジンバブエでの日々 | 17:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT