FC2ブログ

元氣メグル日々 エリカのブログ

≫ EDIT

娘の初めての美術館

私が小中学生あの頃、よく連れていってもらって多くの西洋絵画に触れた上野の西洋美術館。首都圏に育ち良かったことといえば、アートでも音楽でも、本物に身近に触れられる機会を多く持てたことだと思う。本物だけがもつエネルギーというものが、なんの芸術でもあるのだ。
娘も小学二年生と成長して、何か感じられるかな、と思ってロンドンナショナルギャラリーが来ていたので、連れていった。
このご時世、日時指定前売り券を購入しなくてはならず、気軽に美術館にも行けないとは。。
娘は、アングルなどの宗教絵画にも引き付けられていたし、ゴッホのひまわりには圧倒されていた。私も小さい頃、美術館に行く度に、気に入った絵の絵はがきを買って貰って、宝物のようにファイルして、模写したりしていたな。娘も絵はがきが欲しがり、数枚選んでいた。こういう絵が好きなんだと、娘の好みを再発見。
私も、娘を産んでこの8年、西洋美術館には来れなかったので、絵の放つ力に感動するものがあった。
大きな絵は、この10年描いていない。そろそろ描くかな。
敬老の日だったので、お祖母さんにも入場券のプレゼント。「みんな絵がうまいわねぇ」だって。なんだその感想。

| 日々のこと | 14:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

娘の絵

娘が学校から持ってきた作品。
夏の思い出を描いた様子。
プールで泳いでいる絵の黒い線は何?と思ったら、一緒に泳いでいる友達の水泳帽を被った頭だそうだ。なんてシュールな表現。子供の絵はすごいね。
娘は、自分を描く時、茶色で自分の肌を塗り、友達は白っぽく塗る。私は、彼女が黒々と自分を塗るほどに、ワクワクしてしまう。彼女の中にあるアフリカらしさが、私は愛しくてしかたない。
彼女も、自分の肌の色も髪も、自分のルーツがアフリカにあることを、そのまま愛しているように感じている。
いつまでもそのままの自分を愛していって欲しい。

| 日々のこと | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土曜日、田んぼ活動日。
畔の草取りに汗だく。鍬の扱いがこんなにうまい8歳も珍しい。
タウンニュースの記者に先週、娘がインタビュー受けていたけど、もう紙面になっている。案山子でなく、自分の写真をのせてほしかったみたい。
https://www.townnews.co.jp/0102/2020/08/20/538949.html

このコロナパンデミックで、学校は急に一人一台のタブレットを持たせ、コンピューターの授業をしだした。
今や、教科書レベルの基礎学力なら、動画で分かりやすい講義も多数のせられているし、ドリルや参考書で充分。
子供の成長に何が大切か、やはり自然と生身の人以上に、真実をくれるものはないと、つくづく思う。
娘は、田んぼの活動で「みんなの孫」と呼ばれて可愛がられて、多くの中高年の多数の大人に甘え、声かけられ、生き生きと成長していく。コミュニケーション能力も観察力もすぐれていると思う。小さな家族以外で、愛をくれて、触れあえるものが、子供の成長に必要だと思う。そして、この恵をくれ、神秘を教える大自然。人はちっぽけだね。
コンピューターを先走って教える公立校、道具は教えても中身はあるのだろうか。その教育に中身がなければ、目指すものが確かでなければ、無意味だと思う。カリキュラムの学力達成は、ホームティーチングだってできる。
この田んぼ活動のように、学校以外の成長の場が子供には大切だ。

| 未分類 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏休みの読書感想文

娘が、夏休みの宿題で読書感想文を書いていた。課題図書の中にピンと来るものがなかったようで、「へんしんトイレ」という絵本を選んでいた。
私はそもそも読書感想文なんぞ嫌いだ。人に読む本を指示されて、感想など強制されたくない。さすが私の子だ。自由だ。
以下娘の感想文原文のまま。小学二年なので、稚拙だが、その発想好きだよ。
写真は、私のバイク置き場によく娘が、仕事から帰宅する私にメッセージを書いているが、ある日のメッセージ。

へんしんしちゃうトイレ

 私がよんだ本は、だれかがトイレへ、ことばをつぶやきながら入ると、へんしんしてしまうというトイレです。
 たとえば、七十さいのおばあさん「七十」とつぶやきなが入ると、十七さいの少女に、へんしんできるのです。
 わたしが、この本で思ったのは、自分の名前の「あいね」をつかって変身したいです。
「あいね、あいね」といって、変身したら「ねいあ」になります。
  わたしは、「ねいあ」になってくらしたいです。
 なぜなら、今のわたしはうんがよくないので、「ねいあ」になって、うんがよくなりたいのです。
 なずうんがよくないのかというと、川でおぼれたり、ほいくえんじだいに、すもうでまけたり、うんがよくないのです。
 わたしは、ゆめ見ています。「ねいあ」になることを。
 でも、「ねいあ」になったら、どうなるのかしんぱいです。自分のいいところ、いろいろあります。それは、大きなこえのところと、きゅうしょくをもりもりたべるところです。
 その、いいところが、よくなくなり、自分のいくないところがよくなるのです。
 でも、自分のよいところが、よくなくなるのなら、ふつうのわたし、「あいね」のままでいいです。
 わたしはやっぱり、「あいね」というなまえでいいです。だって、なまえをつけてくれた人は、ねがいをこめて、つけてくれたなまえだから。たいせつに、自分のなまえを。
 だから、わたしの、ねがいをこめてつくったなまえが「あいね」です。



| 日々のこと | 11:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

絵本で世界を学ぼう!に取り上げられました

青弓社の『絵本で世界を学ぼう!』という本にジンバブエを紹介する絵本として、私の絵本「神とつながる音」が取り上げられました。
この本は「105カ国を、1カ国につき絵本1冊を選んで紹介する。まず、その国の基本的な情報——国旗、地図、基本的なデータを 引用して解説し、関連する絵本を紹介する」ものです。
娘も興味深そうに読んでいる。なかなか面白い試みの本。
ルワンダは、「希望の義足」応援しているワンラブプロジェクトの絵本で、これも嬉しかった。
https://www.amazon.co.jp/dp/4787234714/ref=cm_sw_r_cp_apa_i_RoVdFbP77C0F5

| アフリカ、ムビラ | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT